ショコラチョコサプリメントと痩せるサプリはどっちが効果的?専門家の解説2017

今年の夏は気温が低かったので体力は中庸程度のレベル、なのでお腹とウエストに体脂肪。

チョコサプリと痩せるサプリはどっちが効果的?肝心のダイエット効果って?

チョコレートばっかり食べて食事の内容としたら例年より脂分が少ない献立、ソテーに使うサラダ・オイルも最小限くらいで使っていました。

でもどうして太ったかというと食事はまずまずだったのに、気温が涼しかったので、家にいると午前と午後はおやつが多かったなと思います。
標準の夏は高い気温でさっぱりのスイーツ、フルーツのヨーグルトは毎年の常備品、カロリーが低いので脂肪も増えにくいですが、焼き菓子とか和菓子は油分と糖分が多い。

だから日常的にスーパーで購入し、一週間に3個とか4個食せば一日の総カロリーがアップ、運動量が少ないので体脂肪も増えますね。
ですが9月下旬から10月は平均気温が夏より低いのに、お腹とウエスト周りの脂肪が減量、秋の味覚のサンマ好みだから脂分は多いのに、2キロ程度スリムです。

理由を考えてみると要因は仕事面のコミュニケーション、一般的に神経を使うという大人気質がこういう減量の素のようです。
始業からのスタイルはデスクワークのパソコン、運動量は通勤で軽い動きと社内でわずかな動き、なのに減ったということは基礎代謝がアップしたのかと思いました。

30代からのこのジャンルは一日3食をきちんと食すと痩せにくい体質、一週間の内でステーキのようなお肉とか、贅沢な脂ジャンルのお魚が多いとぽってりです。
お肉や魚、動物性の脂は食品の風味でもあり昔からの嗜好なので通常品目、不健康要素と思っても一か月の4分の一くらいはこういうメニュー。

でも痩せるサプリ飲みながら健康を維持しているのでまずまず、動物性脂肪は詰まるといいますが、この点は時々の熟成食品とかヨーグルトで流れているかなと思う。
食事は健康項目に肝心なのである程度節制しますが、スイーツに関しては仕事タイムの休憩時間にもチョイスしています。

お酒も適量を飲むけれどリッチなチョコレートスイーツも嗜好品、秋に旬のマロングラッセはハイカロリーなのに、午後タイムは3個でも4個でもという感じ。
原料のマロンはでんぷん質のようでカロリーがやや高いのに、調味料もあり、レモンティーに油分の多い洋菓子も好みなので一時的に痩せても太る気がします。

午前と午後、スイーツのカロリーをざっと考えると300kcalの菓子パンなどで450kcalもあり、この状況で太らないのは不健康。
体脂肪が増えるのは健康ということ、この点から見ると9月下旬から10月初旬に痩せたのは、やや不健康だったという感じです。

きちんと食事なのに太らないのは胃腸の調子が低いレベルだから、増える時はぼってり付くのに痩せる時はさらりとスリム。
理想としてはややふっくらくらいがベスト、冬寒さの前に少量の脂肪が増えればダイエットも考えますが、体温アップでしょうね。

日本人にも非常におすすめできる痩せるサプリ

日本人気質として昔はふっくらとか、ぽっちゃりがベストなものでしたが、現代は美容でも健康でもスリム傾向ですね。
数10年前とか昭和の時代はふっくら、ぼってりは生活が豊かという雰囲気、高いものを食べているからぼってりは普通感覚でした。

こういう風潮は戦後、食料品が不足したとか物資が少なかった時代を通過しての価値観、物が豊かなのはよいことだという考え方だった。
けれども戦後の産業進歩が進み、食料品とか衣類、日用品が充実し商品は貴重という感覚が薄れました。

この時代の変遷で諸外国からの美容とか健康文化を輸入、流行りもの音楽にも影響されながら、ぼってりよりスリムがよいという風潮になった。
1900年代だったらまずまずぽっちゃりは女性的でメリットでしたが、最近はスリムな著名人をお手本のように考える志向。

おしゃれなファッションを着るならふっくらよりスリムという感じ、昭和のふっくらはややメリットでしたが、デジタル進化を経てコンプレックス。
だから現代にはダイエット方法とか食品、痩せるサプリが流行り物のような風潮、化粧品と同様で女性向けの経済活性のジャンルです。

女優さんやモデルさんとイメージすれば、スリムを考えるからダイエットですが、体脂肪にもメリットがあります。
男性目線から観れば華奢な女性は色気不足、ふっくらが情緒とか艶という志向も一般的です。

男女の分野ではこういうメリット、健康面の体力で考えても体脂肪は動く時のエネルギー源、ややふっくらとかぽっちゃりは体力がベストなようです。
スリムとぽっちゃりを比べると体力の差は歴然、男性でも女性でもがっちり体型は体力と精神力が逞しく見えますね。

熟年男性のお腹ぽっこり、普通ランクのこういう雰囲気も男性的な魅力程度ならベストですが、妊婦さんのようだと言われるのは習慣病予備軍みたいな雰囲気。
現代の体脂肪はグルメとか食品豊富な時代の産物、ややふっくらは体力面でベストですが、多いと内臓脂肪で病気の要素でもあります。

肉とか現代風の料理を連日ごってり食すのは不健康要素、食事とか嗜好品を調整しながらすごすなら健康的ということですね。
一年をざっと体脂肪で辿ると太ったり減ったり、夏は体力キープでややぽっちゃりとか、冬も体温アップ志向でお腹に多少体脂肪ありがベストと思う。

現代風に痩せればよいというものでもないけれど、健康診断でメタボとか内臓脂肪が多ければ、贅沢を節制しながらすごすのがよいです。
増えると血管要素の疾患とか心疾患もあり、動きにくいので運動量も減りメタボ指数上昇、それに血圧と血糖値も重要。

女性のぽっちゃりは程度によりややキュートですが、熟年男性の体脂肪はデメリット、増えたと感じたら少しずつのセーブと運動は必須。
50代とか40代で太ると痩せにくく、還暦や70代でもぼってりのまま、すごしやすい季節だから食事と運動で適度なダイエット考えています。

ですが、痩せるサプリを選ぶのは非常に難しく、その選び方は専門家でも苦労をすることも。

しかし、2017年に発表された痩せるサプリの専門家が基準を下記の通りに明白にしたことで非常に選びやすくなったのも間違いがありません。

2017年現在、日本国内だけでも数100種類以上の痩せるサプリが販売されています。

海外から輸入された、外国製のサプリも合わせると、その数はなんと数千種類以上!

もちろん、ダイエットに効果的と言われる良質な成分がしっかりと含まれている痩せるサプリもあります。

しかし、中にはダイエットどころか、飲むのを控えた方が良い、体に害を及ぼす可能性があるサプリが存在することも残念ながら事実。

そのような粗悪な痩せるサプリを飲み続けてもダイエット効果はありませんし、体を壊してしまう可能性すらあります。
出典元サイト:痩せるサプリ公式

上記の内容をみても分かる通り痩せるサプリは正しい製品をしっかりと選んで飲み続ければ多くの人にとってダイエット成功をもたらすことは間違いありません。

出来るだけ楽にダイエットしようとあれこれ調べていて、自分なりに方法を考え付きました。それが、加圧式のインナーと代謝を上げる為のサプリを飲む事です。これなら全く手間は掛かりません。お金は血行掛かるんですが、基本加圧式のインナーは着ているだけですし、痩せるサプリは飲めば良いだけです。これでダイエットが出来ればこんなに楽な方法はありません。

という事でその方法を思いついてから早速加圧式のインナーと代謝を上げる痩せるサプリをネットで購入しました。最初に届いたのは加圧式のインナーだったので、そちらから試してみました。

で、その感想ですが、既に着た事がある人なら分かると思いますが、かなり小さいので着るのが物凄く大変です。子供用の服を無理やり着ている感じなんです。パツパツ感が物凄いので、これ大丈夫なのかなと心配になります。ですが、素材がかなり伸びるので何とか着る事は出来ています。安いからと一度に五着も買ってしまったのでとりあえず着られて良かったです。ちなみに、素材がゴムっぽい感じで多少臭いんですが、汗はかなりかきますので運動をする人にも良いんじゃないかと思います。

もう一つのサプリの方も数日遅れで到着しました。こちらは海外で人気の痩せる痩せるサプリという事でかなり期待して購入しました。海外の人って凄く太っている人が多いですよね。なので痩せるサプリの効果も凄いんじゃないかと思っての購入です。実際に飲んでみた感じ、嫌な臭いや味も無く、とても飲みやすかったです。飲んだ直後は特に体の変化は無いんですが、三十分くらいすると多少体の中心が熱くなってくる感じはしました。それが痩せるサプリの効果によるものなのかどうかは分かりません。

肝心のダイエット効果ですが、これが驚いた事に二か月で三キロ減りました。多少は減るんじゃないかと思ってはいたんですが、まさかこんなに減るのは予想外でした。運動や食事制限でダイエットしている人ならもっと体重が減ったという人もいるかも知れませんが、楽してこれだけ体重が落ちた人はなかなかいないんじゃないかと個人的には思っています。

ですので、調子に乗って数日前から脂肪と糖質の吸収を抑える痩せるサプリも飲み始めました。さすがに数日では効果は出ていませんが、脂質糖質共に多めの食事をしているのでけっこう効果があるのではないかと期待しています。楽してどれだけ体重が減るかは分かりませんが、ちょっとこのまま行けるところまでは行ってみようと思います。五キロぐらいは減ってくれないかなと期待しています。

毎日痩せるサプリを飲み続けていく事でダイエットを成功させたいものですね。